TOP

生命保険の種類

(2014.09.03)
住宅ローンと生命保険

(2013.04.11)
会社の退職金準備にも生命保険

(2013.04.11)
こどものための学資保険

(2013.04.11)
がん保険は診断された時にも保障される

(2013.04.04)
医療保険で入院や手術を保障

(2013.04.04)
保険は3つの種類に分けられる

たんぽぽ工房
保険は3つの種類に分けられる

生命保険にはたくさんの種類があってややこしいですよね。
よくCMなどで耳にする単語といえば・・・
「終身保険」「終身医療保険」「一生涯」「死亡給付金」「掛け捨て」などなど
言葉の意味もよくわからず、難しい単語ばかりで何が何やらわかりません。。

ですが、食わず嫌いのまま逃げる必要はありません。
生命保険は大きく分けるとたったの3種類しかありません。
【定期保険】 【終身保険】 【養老保険】の3種類です。

この3種類の保険を基本(主契約といいます)として、
そこにオプション(特約といいます)を付けていったものが、CMなどでよく聞く保険です。

まずは基本の3種類を見ていきます。



【定期保険】

定期保険とは、その名の通り「期間が決められている」保険です。
その契約期間が終わっても(満了といいます)、満期保険金は受け取ることができません。
つまり、掛け捨ての保険ということです。
また、途中で解約した場合には「解約返戻金」と言って、
今まで積み立ててきたお金の一部を返してもらえるのですが、
この定期保険の場合は、解約返戻金の額が少ないです。

デメリットが多いように見える、この定期保険ですが、
ではなぜこの保険が存在しているのかというと・・・
それは、万一死亡した場合に受け取れる金額が高いんです。
定期保険=高額保障の保険です。

満期保険金がもらえなかったり、解約返戻金が少なく設定されているかわりに、
もしもの時の保障額が高いんですね。

月々にかかってくる保険料は、他の保険に比べて安いです。



【終身保険】

終身保険は、これもその名の通り「死亡する時まで続く」保険です。
これがいわゆる、良く聞く「一生涯」というものですね。
保険料を支払うのは一定期間中だけですが、その支払い期間が終わった後も継続して、
死亡するまでの間ずっと保障が受けられる保険です。

悲しいですが人はいつか必ず死にます。。
なので、その部分で考えれば「一生涯」は嬉しい点です。

解約返戻金は、保険料の支払い期間が長くなれば長くなるほど、貰える金額は増えていきます。
ただし、一生涯の保険で「満了」というものが無いので、満期保険金はもらえません。

また積立保険の場合、もしもの時には
積立している分から借り入れすることもできます。
キャッシングで2時間くらいで40万円借りた体験記
↑こういった馬鹿なことをしなくてもお金の工面ができる
ということは覚えておきましょう。


【養老保険】

養老保険は、老後のための貯蓄をメインに考えた保険です。
一生涯ではないので終身保険とは違って、どちらかと言うと定期保険に近いです。
期間が決められていて、保険料を支払っている間にもしも死亡した場合、
保険金を受け取ることができます。

そして、決められた期間中何も無く、無事生存していれば、
満了時(契約期間が終了する時)に、満期保険金がもらえます。
この満期保険金は、死亡した際に受けとる金額と同額です。

死亡しても、死亡しなくても、どちらの場合にもお金が受け取れるので、
当然の事ながら月々の保険料はとても高いです。。