TOP

生命保険の種類

(2014.09.03)
住宅ローンと生命保険

(2013.04.11)
会社の退職金準備にも生命保険

(2013.04.11)
こどものための学資保険

(2013.04.11)
がん保険は診断された時にも保障される

(2013.04.04)
医療保険で入院や手術を保障

(2013.04.04)
保険は3つの種類に分けられる

たんぽぽ工房
住宅ローンと生命保険

住宅ローンを組むと団体信用保険という生命保険に加入します。

この団体信用保険はもし借主に何かあった時(※)、
代わりに住宅ローンの残債を一括返済してくれるといった保険です。

※死亡・高度障害など支払いが難しくなった状態

生命保険であるため、契約者の健康状態は厳しく見られますので、
人によっては団体信用保険に加入できない=住宅ローンを組めません。

しかしこれは全ての住宅ローンに該当するわけではなく、
住宅ローンの中には「団体信用保険が任意加入のローン」もあるんですね。

それは「フラット35」と呼ばれる住宅ローンです。

「フラット35」の場合、借り入れの審査基準も低めなので、
自営業者が組みやすい住宅ローン(※)としても知られています。

※自営業者の住宅ローンについては、
自営業住宅ローン」で書かれていますので参考にしてみてください

「フラット35」は「長期固定金利ローン」なので、
変動金利タイプに比べると金利は割高に設定されています。

しかし現在は超低金利なので、
「フラット35」でもかなり低い金利設定がされています。

固定金利であるデメリットがないというわけですね。

ですので「ローンが組みやすい」という点も併せ、
イマイチ押しの住宅ローンといえますよね。

ちなみに団体信用保険は任意加入できる「フラット35」ですが、
ほとんどの人(役9割)は保険に加入しているそうです。

これはもし万が一、借主に何かあった時の考えると、
住宅ローンの残債が残るリスクは大きいためだからでしょうね。

P.S.
「フラット35」も審査が厳しくなってきているみたいです、、

特に現状の借り入れ(他のローン・キャッシング)がある、
過去に支払いの延滞・遅滞がある場合は…
審査落ちするケースが増えているそうですね、、