TOP

生命保険の種類

(2014.09.03)
住宅ローンと生命保険

(2013.04.11)
会社の退職金準備にも生命保険

(2013.04.11)
こどものための学資保険

(2013.04.11)
がん保険は診断された時にも保障される

(2013.04.04)
医療保険で入院や手術を保障

(2013.04.04)
保険は3つの種類に分けられる

たんぽぽ工房
こどものための学資保険

保険の種類には、『学資保険』というものも存在します。

学資保険といえば、最近IPO上場の噂がある『かんぽ生命保険』がありますね。
(参考⇒⇒かんぽ生命保険 IPO
IPOはリスクが低い投資方法ですのでオススメです。

【学資保険】

学資保険とは、子供のための教育資金を貯蓄するため、
そして学生の間に万一、親が死亡した際の保障を受けられる保険です。
『こども保険』とも呼ばれます。

子供を学校に通わせるには、多額の費用がかかります。
幼稚園や保育園から小学校、中学校、高校、大学と、
トータルでは最低でも、1人につき1000万円の費用がかかります。
もちろんこの金額は『教育費』のみなので、その他も入れるとさらにお金はかかります。
大学進学だけでも約500万円くらいの貯蓄が必要になります。

学資保険は、生命保険を組み合わせた将来のための貯蓄です。
なぜ生命保険を組み合わせた方が良いのでしょうか?

それは、親に万一の場合があった時に、教育費が払えなくなってしまう危険性があるからです。

子供は自分で働くことができないので、
教育にかかるお金は全て親が稼いだお金ということになりますよね。
ですが、親が交通事故や病気などで働けなくなった場合や、
万一死亡した場合には、その稼ぎがゼロになってしまいます。

そうなってしまうと教育費が払えなくなってしまいます。。
現代では大学進学も当然といった世の中なので、
できることならばやはり、大学まで進ませてあげたいですよね。
それが、万一の場合には不可能になってしまいます。

それを防ぐために必要なのが、この保険です。

学資保険では、子供が小学校や中学校、高校や大学の入学時に
『入学祝い金』をもらえるのが一般的です。
また、親の万一の場合だけでなく、子供自身が死亡した際にも、
保険料を受け取ることができます。

学費の保障と、万一の場合の保障の両方が受けられる、
家族のための保険ですね。