TOP

生命保険の種類

(2014.09.03)
住宅ローンと生命保険

(2013.04.11)
会社の退職金準備にも生命保険

(2013.04.11)
こどものための学資保険

(2013.04.11)
がん保険は診断された時にも保障される

(2013.04.04)
医療保険で入院や手術を保障

(2013.04.04)
保険は3つの種類に分けられる

たんぽぽ工房
医療保険で入院や手術を保障

生命保険の大枠は「定期保険」「終身保険」「養老保険」と前のページで書きました。
これは言うなれば、保険のタイプに関する種類わけでしたね。
次は、その内容についての種類分けを見ていきたいと思います。


【医療保険】

医療保険とは、医療機関にかかる時のことをメインに考えた保険の種類です。
病気やケガで入院しなければならないこともあると思います。
しかし入院するには結構なお金がかかってしまいますよね。。
この医療保険では、その入院にかかる費用の保障として、
多くの保険では「1日○○円」といった風に、給付金が設定されています。

給付金がもらえる日数などの条件は保険によって様々で、
 ・日帰りの入院でもその日数分給付金がもらえるもの
 ・1泊2日以上の入院からという条件になっているもの
 ・5日以上の入院の場合に、5日目以降の日数分の給付金がもらえるもの
 ・8日以上の入院になった場合に、1日目からの日数分の給付金がもらえるもの
ほんの一例ですが、このような条件があります。
その保険会社やプランによって、様々な種類があるんですね。

手術を受けた時にも保険金がもらえます。
手術となると大きな費用がかかるので、ありがたいですね。
一括で例えば100万円!と決められているものや、
健康保険が適用されない先進医療の手術の場合には、
全額保障!となっているものなどがあります。
(ただし、1000万円が上限になっていることが多いです。)

注意点としては、それぞれの給付金を受け取ることのできる回数が決められていること。
「○回まで」や「年に2回まで」など様々な制約があります。

終身医療保険と定期医療保険の違いは、
終身医療保険は、初めから最後まで保険料が一定のままです。
定期医療保険は、最初の保険料は安いですが、年齢があがるにつれて保険料が高くなっていきます。



医療保険が適応されない病気や治療もありますし、
実際は出来ることなら病院に行かずとも治したいですよね。
痛風治療におすすめのサプリメントはコレだ!という 万能のサプリもあるので、
日頃から健康に気を使って 生活のに取り入れるのもいいことかもしれません。